乳酸菌でアレルギーが改善するメカニズム

アレルギーは、どうしておきるのでしょうか?

 

現代の日本では、国民病といえる程に、アレルギーは身近なものになっています。
この症状を引き起こす原因となるものをアレルゲンと言います。
何に反応するかは、人によって様々です。
スギ花粉、ダニなどのハウスダスト、卵、牛乳などアレルゲンの種類は多種多様です。
人間には免疫機能と言うものが備わっています。免疫とは、体に害を及ぼすものを攻撃するための防御反応で、ヘルパーT細胞の働きで作られるlgeと言うたんぱく質が、異物を排除する仕組みの事です。
ヘルパーT細胞には、lgeの生産を促進するものと、抑制するものの2種類があり、そのバランスが悪い状態になるとlgeが増えすぎて、痒みやくしゃみ、鼻水等等の免疫機能の過剰反応と言った症状がおこります。

 

乳酸菌の働きでアレルギーが改善する仕組みとは?

 

こう言った不快な症状を改善する為には、ヘルパーT細胞のバランスを適正に保つ事が大事です。
乳酸菌にはヘルパーT細胞のバランスを整える効果があり、lgeの抑制に効果的です。また、乳酸菌には腸内環境を整える働きもあります。
腸内環境が悪いと毒素が体内に留まり、その毒素を免疫機能が有害物質と判断する事で症状がおこりやすくなってしまうのです。
ただ、乳酸菌には色々な種類があり、体質に合うものを摂取する事が大事です。
食品から摂取するだけでは量が不足する事も多く、続ける事も困難なのでサプリメントの利用が効果的です。