乳酸菌のアレルギー改善効果とは?

アレルギーは免疫系の異常が原因

 

アレルギーは、体に入ってくる物質に対して、体内の免疫機能が過剰に反応することで引き起こされます。
例えば細菌が体内に侵入すると、細菌に対する抗体が産生され細菌自体を無効化し、同じ細菌が再び侵入してきた際には即座に抗体が対応しますが、これは免疫系の正常な機能です。
花粉が侵入した場合、過剰な反応を引き起こす人の体内では花粉を異物として認識するため抗体が産生され、再び侵入してきた時には鼻水やくしゃみ、皮膚の痒みなど独特な症状が出てしまいます。
免疫機能の異常はストレスのほか、免疫細胞のバランス崩壊などが原因とされ、酷い時にはアナフィラキシーにより命を落とすこともあります。

 

乳酸菌の摂取は免疫機能を活性化する

 

人間の免疫機能は、血液中やリンパ液中の免疫細胞のほか、気道や腸に備わっています。
小腸はテニスコートと同等の表面積があり、体内の免疫機能の中でも特に重要とされています。
腸から産生されるIgA抗体は、外部から侵入したアレルゲン物質と結合し、無力化すると共に速やかに体外へと排出する働きがあります。
このため、腸の働きを良くすることは、免疫機能を効果的に発揮させることに繋がります。
乳酸菌は善玉菌の一種で、腸内環境を整えることで免疫機能が活性化されるため、アレルギー症状の緩和効果を期待することができます。